中古マンションの投資で収入GET│副収入が増える不動産の魅力

女性

失敗から学ぶ

マンション

マンション投資を考える上で、非常に重要になるのが失敗した時のリスクです。マンションでは、住む人がいるということが収益を上げるポイントになります。誰も物件を借りることがない場合、その物件の固定資産税や支払いを行なうばかりになり、大きなマイナスに繋がることもあります。マイナスを避けるために、利益を無視して損切りで運営するというマンションオーナーも珍しい事ではありません。マンション投資で失敗を避けるためには、まずはマンション投資の失敗例を知っていくことが大切です。失敗例から学んで、物件を選んでいくことで成功につなげていくことができます。まず、新築のマンションを投資用に購入した場合、新築ワンルームマンションは販促用に様々な費用がかかることがあります。そのため、資産運用を主な目的とした場合は中古マンションが適切な場合があります。中古マンションの販売価格は、需要の高さと供給の価値で決まります。築年数が浅い中古マンションの場合、家賃も新築とさほど変わらない値段で提供することもできるので利回りを高くすることもできます。

マンション投資の失敗例として、よくあるものが値上がりを考えて借金をしてまで不動産投資を行なうというものです。不動産投資を行なううえでの最大のリスクは資金繰りです。大きな買い物なのでローンを組むことが多いですが、このローンをコントロールできずに大きな負債を抱えてしまうという人がたくさんいます。反対に、ローンがないのであれば、空室も必要以上に恐れる心配はなくなります。ローンや資金をしっかりと考えたうえで失敗しないようなマンション投資を行なっていくことが大切です。